MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 自損事故(追突)③ 加害者は健康保険でしか治療を受けられないのか?

自損事故(追突)③ 加害者は健康保険でしか治療を受けられないのか?

2016.10.15 | Category: 交通事故・むち打ち治療

 

 

 

滋賀県大津市で

交通事故の後遺症治療に強い整骨院をしております、

ウィル鍼灸整骨院の清水俊樹です。

 

 

 

今日は

自損事故、追突事故を起こした場合、

加害者の方がどのように治療を受ければいいのか?

についてお話しさせて頂きます。

 

 

 

前回、任意保険で

搭乗者傷害保険人身傷害保険

に入っておられる方は

適切な治療を受けられますよ

というお話をしました。

 

 

 

よくお電話で患者様が

「保険会社の方から健康保険を使ってください

と言われたので治療は健康保険でお願いします」

とご相談を受けます。

 

 

 

もちろん、

健康保険を使っての治療もできますが

やはり健康保険ですと

適切な治療を受けられない可能性があります。

 

 

 

なぜこのように

「健康保険を使ってください」

と言われるかというと、

 

 

 

交通事故に遭って通院されると

保険会社さんは

加害者さんの方に

治療費や慰謝料などが発生して

費用がかさんでいく

ということが背景としてあります。

 

 

 

ですので少しでも

経費にかかる費用を削減するために

できたら健康保険を使ってください

というお願いをしている

ということになります。

 

 

 

費用の削減には努めないといけませんが、

健康保険の治療を

例えば3ヶ月、4ヶ月続けるのと

実費の治療で1ヶ月で治るのであれば

 

トータルで見るとどちらの方が

費用の削減に繋がるのか、

一概に健康保険が1番費用の削減に努めている

とは言い難いところです。

 

 

 

追突事故など、

自分の有責、自分の責任が100%で

起こした事故であっても

自賠責保険の事故に遭われた時と

同様の治療を受けて頂くことができます。

 

 

 

自損事故、追突事故、単独事故

を起こした場合でも

治療をさせて頂くことができますので、 

自損事故に遭われた方は

まずはウィル鍼灸整骨院の清水まで

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円