MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 交通事故の治療⑤湿布について③(動画)

交通事故の治療⑤湿布について③(動画)

2016.09.12 | Category: 交通事故・むち打ち治療

 

滋賀県大津市で交通事故治療を得意としております

ウィル鍼灸整骨院の院長、清水と申します。

 

 

 

交通事故の治療⑤

ということで、

湿布について前回からお話しさせて頂いてます。

 

 

 

湿布は病院でもらった方が薬用成分が高いし

3時間くらいで薬用成分が染み込む

ということをお話ししました。

 

 

 

今回は

温湿布と冷湿布

についてお話しをさせて頂きます。

 

 

 

「冷やした方がいいの?」

「温めた方がいいの?」

というようなお話しになります。

 

 

 

これはどちらでも

患者様が気持ち良い方を使って頂いたら良いです。

 

 

 

なぜかと言いますと、

湿布自体にそんなに

温める力も冷やす力もないからです。

 

 

 

例えば

缶ジュースを買ってきて

温めたい時や冷やしたい時に

湿布を貼る人は僕は見たことがありません。

 

 

 

やはり

冷やしたかったら氷水につけたり

温めたかったらお湯の中につけたりして

温めたり冷やしたりすると思うんです。

 

 

 

どういうことが言いたいかというと、

湿布にはそんなに温める力も冷やす力もないよ

ということです。

 

 

 

実際に貼ってみても、体感としては

じわっと温かいような感じとか

冷やすような感じがでますが、

そこまで力はありません。

 

 

 

その方が

今、どっちを貼った方が気持ち良いか

というので決めて頂く方がより良いと思います。

 

 

 

交通事故に遭われた際に

湿布を貼られる時は

温める目的、冷やす目的ではなく

気持ち良い方の湿布を貼っていただく方が

良いと思います。

 

 

 

また交通事故治療のことで

何かわからないことがありましたら、

ウィル鍼灸整骨院の清水まで

お気軽にお電話ください。

 

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円