MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > アイスバーン(凍結路面)

アイスバーン(凍結路面)

2014.12.18 | Category: 交通事故・むち打ち治療

雪の降った日、雨の降ったあとなど

冬の運転で気をつけなければいけないのが

アイスバーンです。

 

 

 

アイスバーンとは日本語でいうと路面凍結です。

気温が0°以下・氷点下になった際に

道路の水分が冷却され凍りついた状態

もしくは雪が降ってその表面が凍った状態を言います。

 

 

 

 

 

アイスバーンになると車がスリップしやすいという特徴があります。

つまり、スリップ事故などの交通事故を引き起こしやすくなるのです。

 

 

 

 

 

ガチガチに表面まで凍った状態では意外と滑りにくいのですが、

気温や太陽、交通量によって表面の雪は溶かされます。

路面、氷の上に水の層ができることで

タイヤとの摩擦が少なくなり大変滑りやすくなります。

 

 

 

日本は積雪量が多い割に気温が高いため

雪が溶けやすくアイスバーンを発生しやすい条件が

極寒の地よりも高いと言われています。

表面だけ濡れている(溶けている)状態のアイスバーンは大変危険です。

 

 

 

 

 

しなければいけないアイスバーンとアイスバーンの

運転方法や注意についてご説明させていただきますね。

 

 

 

 

 

まず、注意して欲しいアイスバーンですが

一般的にブラックアイスバーンと呼ばれます。

ドライバーからするとただ単に路面が濡れているだけ

に見えてしまうが道路が実は凍っている状態のことを言います。

 

 

 

 

夜間の走行では濡れているだけなのか

凍っているのか認識することができません。

特に夜間や早朝は交通量も減り

アイスバーンが発生しやすくなっています。

深夜に帰宅される方や朝早くから通勤で

お車に乗車される方は注意が必要です。

 

 

 

 

アイスバーンの運転方法ですが、

急ブレーキ・急ハンドル・急アクセルなど急のつく行為は厳禁です。

 

 

 

路面の雪や氷あるいは水分によって

タイヤのグリップ力は低下しているため

思い通りの運転ができずスリップや自損事故に

つながる危険性があります。

 

 

 

 

いつもより優しくていねいな運転を心がけましょう。

いつもより長めの車間距離を心がけていれば

急ブレーキを踏む必要はありません。

発車の際もブレーキを離しクリープ現象を使いましょう。

 

 

 

 

冬の路面状況はすぐに変化します。

コーナーの入口あたりは乾いていても出口あたりは凍っている

なんてこともあります。

スピードの出し過ぎに注意し

かもしれない運転を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく深夜や早朝の運転を控えたり

日陰や交通量の少ない凍っている可能性の高い道を避ける、

狭い道を通らず大通り・交通量の多い道を通るようにする

などを心がけてくださいね。

 

 

 

 

 

スタットレスタイヤやチェーンを巻いているからと油断は禁物ですよ。

まして、スタットレスレスタイヤ(ノーマルタイヤ)の方はよりご注意くださいね。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円