MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 高齢者の運転の特徴

高齢者の運転の特徴

2014.11.05 | Category: 交通事故・むち打ち治療

高齢者が引き起こす交通事故は

免許人口に占める割合で比較すると

非常に高くなっています。

 

 

 

最近では自動車などの運転中に高齢者が

加害者となる事故が増加する傾向にあります。

高齢者が引き起こす交通事故の特徴として

以下の3つが挙げられます。

 

 

 

  1. 事故型分類では、他の年齢層に比べ出会い頭の衝突・右折時の衝突等の事故が多い
  2. 法令違反別では、ほかの年齢層と比べて一旦不停止・信号無視・優先通行妨害等の違反からの交通事故が多い
  3. 高齢者ほど死亡事故に繋がる大きな事故が多い

 

 

 

 

高齢運転者の主な事故原因

  • 相手の速度の誤認
  • 相手の車の見落とし
  • 信号・標識などの見落とし
  • 機敏で巧みな運転がまだできるという自分の能力の過大評価
  • 気づいてから回避行動までの時間の消費

などがあります。

 

 

 

 

 

高齢運転者の運転特性

  • たくさんの情報を収集して対応することが苦手
  • 過去(若い時)の経験にとらわれる傾向にある
  • 長時間の運転などの疲労時の回復が低下してくる

 

 

 

 

 

高齢ドライバー自身が注意すること

  • 追突事故・おかまを起こさないように前の車と車間距離を充分取るようにする
  • 前後左右の確認をすることで早期の危険察知を心掛ける
  • 一時停止のある交差点では停止線の手前で一時停止し左右の安全確認が取れてから発進する
  • 交差点の右折時は特に注意が必要
  • 周囲のドライバーに自分が高齢者であることを知らせる

 

 

 

 

 

周りのドライバーが高齢ドライバーに注意するべきこと

  • 急な停車や進路変更、急な右左折を予測して車間距離を十分に開ける
  • 一旦停止場所や交差点では停止せずに交差点に侵入してくることを予測し、危険な場所ではクラクションを鳴らしたり、徐行、一旦停止をする
  • カーブなどではセンターラインを超えて運転している自動車を発見した場合はクラクションで注意を促す。

 

 

 

 

 

老化は生理現象であり誰もが起こり得る退行変化です。

高齢運転者は自分が高齢であることを自覚し

自分の運転技術を過大評価せずに慎重な運転を心がけ

それ以外のドライバーは高齢者マークの付いている自動車に対して

注意を払っての運転を心がけてくださいね。

 

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円