MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 飲酒運転等の点数引き上げ

飲酒運転等の点数引き上げ

2014.10.23 | Category: 交通事故・むち打ち治療

未だにニュースなどで見かける飲酒運転

 

最近では脱法ハーブやドラッグなどを摂取しての

危険運転が多く報道されています。

酒酔い運転や飲酒運転の根絶を目指し、

点数が大幅に引き上げられました。

違反した運転者には厳しい行政処分がくだされます。

 

 

 

 

 

飲酒により酔った状態、酒酔い運転と呼ばれ

アルコールを飲んだ量に関係なく

アルコールの影響により

正常に判断・運転ができない状態での運転は

35点の違反点数が課せられます。

 

 

 

 

 

 

飲酒により呼気中のアルコール濃度が

0.15mg/l以上ある場合での運転は酒気帯び運転と呼ばれ

0.25mg以上では25点、0.25mg以下では

13点の違反点数が課せられます。

 

 

 

 

 

また、飲酒以外では

自動車の危険運転によって人を死亡させた場合は

62点の違反点数が課せられます。

人身事故を引き起こしたのにもかかわらず

必要な処置をとらずにその場から逃げてしまった

いわゆるひき逃げ・救護義務違反では

35点の違反点数が課せられます。

 

 

 

 

 

 

酒酔い運転・ひき逃げなどの悪質・危険な行為を特定違反行為と呼びます。

3年以上10年を超えない範囲で運転免許の取り消し処分後、

運転免許を再取得できない欠格期間が引き上げられました。

特定違反行為とは、運転殺人、危険運転致死傷、

酒酔い、麻薬等運転、救護義務違反のことを指します。

 

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円