MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 交通事故にあったら任意保険は使うべき?

交通事故にあったら任意保険は使うべき?

2014.07.25 | Category: 交通事故・むち打ち治療

もし、あなたの不注意で交通事故を引き起こしてしまったらあなたが加入されている自動車保険・任意保険はお使いになりますか。このようないざという時のために入っているのだから使うのが当たり前と思っておられる方も大勢おられると思いますが、少しだけ考えてから保険を使っても良いのかもしれません。なぜなら2012年の10月以降交通事故を引き起こし任意保険を使った場合、等級が3等級下がり保険料が高くなるだけではなく事故有と事故なしでは同じ等級でも保険料の割引率に大きな差が出てくるからです。任意保険を使うか使わないかは今後万が一大事故を起こしてしまった際のために取っておくなど今まで以上にシビアな選択に迫られるようになってきています。

 

クルマは走る凶器です。車を運転中にハンドル操作を誤り誰かを怪我させてしまったり壁や民家に突っ込んで破壊してしまうなどのケースも考えられます。そういった時の損害賠償金額は数百万円から数千万円もざらで、寝たきりなどの後遺症認定や死亡事故を引き起こしてしまった場合は億単位の賠償金が必要となります。

 

事故を起こしてしまった場合大きい事故は任意保険を使う、比較的小さな事故は自腹で支払うというのが今後の流れの主流になりそうです。今まで10万円という数字が保険を使うか使わないかの境目であると言われてきました。しかし、先ほど知り合いの車屋さんに確認したところ現在の等級や3年以内の事故歴を踏まえるので一概には言えませんが15万円という数字が任意保険を使うか使わないかの境目になってきているそうです。

 

現在の等級制度では1~3等級までが保険料割増です。また1~6等級では事故有、事故無しに関わらず保険料は変わりません。しかし、7~20等級では事故有か事故無によって保険料が大きく異なってきます。例えば保険料の一番安いのは20等級の事故無ですが、同じ20等級でも事故有は割引率44%程度で事故無の9~10等級とほとんど保険料は変わらなくなってしまうのです。やはり、保険は使うほど年間の保険料が高くなってくるシステムになってきています。

 

保険料は等級や事故有だけでは決まらず加入しているオプションや賠償金額によっても大きく異なってきます。事故を引き起こし保険を使ってしまったからといって補償内容を安易に下げてしまうのは危険です。対人は先ほどご説明させて頂きましたように億を超える賠償も出ています。対人・対物無制限にしておいても損はないと思います。しかし、事故有が保険料引き上げになることも事実です。3年間無事故で保険を使わなかった時にやっと7元の事故なしの同じ等級に戻ることができるのです。

 

事故を引き起こして賠償額が15万円を超えるか超えないかの微妙な時は保険料を3年間払ったとして自腹で払う方が得なのか任意保険を適応する方が良いのか考えていただきたいと思います。間違っても1年だけ保険料が上がると思っていると総額の支払いが増えてしまうかもしれませんのでご注意ください。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円