MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 任意保険の等級が復活するまでの期間

任意保険の等級が復活するまでの期間

2014.07.24 | Category: 交通事故・むち打ち治療

前回、交通事故に遭い任意保険を使った場合3等級等級がダウンし逆に1年間交通事故を引き起こさず任意保険を使わなかった場合1年毎に1等級づつアップするというお話をさせて頂きました。また、2012年の10月以降等級の制度が変わり事故有と事故無では同じ等級でも保険料の割引率が異なります。

 

1度事故を起こして任意保険を使った場合3等級下がり事故有から事故無に戻るまで3年間という長い期間が必要となります。

 

具体的に例を挙げますと20等級で事故を起こした場合3等級下がり17等級となります。今まで過去3年間事故がなかった場合は55%割増、過去3年以内に事故を起こしていた場合は38%の割増となります。

 

17等級から1年間無事故だった場合18等級に等級が1つ上がります。無事故だった場合は57%割増、事故有では40%、19等級に上がった場合は無事故で59%、事故有で42%の割増となります。

 

ここで、パーセンテージだけを見ると事故無しの方が割増になっているイメージですが、実際は元の保険料が事故有の方が高いため割引率が低く見えてしまうのです。事故有り・事故無しのいずれの場合にしても元の等級に戻るには3年という非常に長い期間や余分な保険料の支払いというかなりの負担が増えてしまいます。

 

20等級に近い方が交通事故を引き起こしてしまい任意保険を使って相手の車両の修理・賠償を行う分には少し保険料が高くなってしまうという認識で良いと思うのですが、元々の等級が6~10前後の方は事故において任意保険を使ったほうがいいのかどうか考えて使う必要があります。というのも任意保険を使うことで3等級下がり一気に負担が増えてしまうのです。また、保険料が上がるだけなら良いのですが不幸は続く、2度あることは3度あるという風に立て続けに事故に遭う確率も決してゼロではありません。ウィル鍼灸整院の患者様では半年間で2回事故を引き起こしてしまったという患者さんもおられます。せっかく任意保険に入っていても使いたい時に使えないのでは意味がありません。事故に遭い保険料が高くなってしまったからといって任意保険を解約して自動車に乗るのは大変危険な行為です。そのような最悪な事態に陥らないためにも交通事故を引き起こしてしまった場合は自動車の修理費用など修理にかかる金額や自分の等級と翌年度から3年間の保険料が3年間上がった際に必要な費用がどちらの方があなたにとってお得なのか総合的に考慮してから判断を下すと正しい選択が行えることと思います。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円