MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 交通事故で労災を使うメリット

交通事故で労災を使うメリット

2014.07.18 | Category: 交通事故・むち打ち治療

交通事故に遭われた際に通常は自賠責保険を使う場合がほとんどなのですが、通勤時、お仕事中に第三者の行為によって発生した交通事故に関しては患者さんの意思で自由に自賠責保険か労災保険かを選択して選ぶことが可能であると以前お話させて頂きました。

 

では、どのような場合に交通事故にあった際に労災保険を使うべきなのでしょうか?1つ目はその交通事故における過失割合がどちらが大きいかです。割合が自分のほうが大きい場合、治療費を請求しても過失相殺が起こり自己負担しないといけないケースも出てきます。しかし、労災には過失相殺という考え方はなく、通勤時・仕事中に起きた負傷に関しては患者様の自己負担金額0円で治療を受けていただくことが可能です。(自賠責保険でも健康保険を使う場合は労災と同様に患者様自己負担金額0円で治療を受けることができます。立て替え支払いなどもありますが、それは相手方の保険会社とのやりとりになります。)また、微妙な事故過失割合がどちらが悪いかで揉めている場合や5対5の時も先ほどの場合と同様に労災を選ばれる方が多いです。また、相手が窃盗車や友達・知人の車を運転中に事故を起こした場合、そもそも自賠責保険は運転者ではなくその車に対して掛けるものなので盗難された方や家族・友人が運行共同者責任を認めてくれない場合かなりの労力を消費します。ですので、このようなケースにおいては労災保険を使って国から責任者に請求していただくという方法が賢いケースだと言えます。また、相手が強制保険でもある自賠責保険にの入っていない無保険の場合や任意保険の対人に入っていない場合でも労災保険を先行して使用するのも良いと思います。

 

このように交通事故にあったら普通の場合は自賠責保険を使っていただく事で大丈夫かと思います。しかし、上記に上げさせていただいた例のように過失相殺が行われご自身には保険によって治療費が入らない場合やどちらが悪いのかトラブルになっている場合、交通事故加害者に支払い能力が乏しい場合には労災保険を使うのも良いかと思います。

 

しかし、当然労災の治療と自賠責保険を使っての治療は違うものだということを覚えておいてください。新幹線に例えるならグリーン車と普通車両の違いだったり、お肉ならステーキと牛丼の違いになります。労災保険では出来る治療の範囲が限られているため自賠責保険を使った治療に比べ回復までに回数や長い時間を要します。早く良くなりたい方は自費治療で治療を受けれれることがおすすめです。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円