MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > アクティブセンスと交通事故

アクティブセンスと交通事故

2014.07.15 | Category: 交通事故・むち打ち治療

マツダにはアクティブセンスという最新の運転アシストシステムがあります。プリクラッシュセーフティシステムは大きく分けて2つに大別されます。

 

その一つがSCBC(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)といって時速4~15kmの低速の運転時にフロントガラスに設置されている近距離に対して高精度で認知できるセンサーで前方の車両を把握し、衝突の危険性が高いと判断した場合には自動制御でブレーキをかけます。危険を察知しセンサーが働いている時にドライバーがブレーキペダルを踏むといつもより強い制動力が働きます。(少しに力ですぐに止まるということ)また、ブレーキをドライバーが踏まなかった時には自動でブレーキが作動し衝突を防ぐ、もしくは衝突による被害を軽減します。

 

もうひとつのアシストシステムがSBS(スマートブレーキ・サポート)です。時速15km以上で走行時遠くまで感知できるミリ波レーダーで前方車両を補足し前方車両との車間距離を5段階でディスプレイに表示し車間距離をドライバーがよりわかりやすいようにサポートしている。車間距離が狭くなると警報で通常の車間距離を保てるようにアシストしている。さらに車間距離が狭くなってくると軽くブレーキを作動させる。前方車両の急な原則により衝突が避けられない時は強いブレーキを掛け衝突時の衝撃を緩和してくれる。

 

その他にもAT誤発進制御という、急な誤発進、アクセルペダルの踏み間違いによって縁石を飛び越え前方の障害物に衝突するのを防ぎます。警告音とディスプレー表示で注意を促し、エンジンの出力を抑えることにより急発進による衝突を防ぎます。

 

マツダの衝突回避支援システムの特徴はシングルカメラ、ミリ波レーダー、準ミリ波レーダー、近赤外線レーダーを用いることで非常に精度が高く危険回避をできるというのがメリットであり、レーザーを用いているため悪天候でも威力を発揮することができる。

 

デメリットとしては、たくさんのカメラやレーダーを用いることによりコストが割だけであるという点である。スバルのアイサイトと比べて5万円以上高額となっている。しかし、トヨタの運転制御システムと比べると非常に安価である。

 

大人気のスバルアイサイトと比べると15万円程度と少し高額ではあるが装備していて損はないと思う。むしろ、導入している方が安心・安全を得られるので非常に賢い選択だと思います。

 

また、歩行者の人身事故を起こしたとしても衝撃を吸収するバンパーやボンネットの構造になっているため事故の加害者となった時も人身傷害を軽減できるというメリットもあります。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円