MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 滋賀の交通事故の多い交差点

滋賀の交通事故の多い交差点

2014.07.14 | Category: 交通事故・むち打ち治療

滋賀県の交通事故の最も多い交差点のワースト5をご紹介させて頂きます。(平成24年度のワースト5です)

 

ワースト1は真野2丁目の交差点。琵琶湖大橋の交差点から真野側に一つ進んだ交差点です。この交差点は4差路交差点で特に土日・祝日に常に渋滞が置きやすい場所である。その理由として考えられるのがこの周囲に大型のスーパーや量販店・アミューズメント施設が密集しており、歩行者が交通ルールを無視して道路の横断をすることが多い。この交差点においては非常に大きい人身傷害がみられる。主に右折巻き込みやサンキュー事故が多発している。この交差点を通行する際は特に右側からの歩行者に注意していただきたい。また、対向車に道を譲ってもらって右折する際には直進車両の死角からバイクが来ていないかの確認も必要である。

 

ワースト2位は追分にある藤尾交番前の交差点。三差路交差点でT字型の一旦停止交差点であるがこの交差点は国道との合流部であることと、慢性的に渋滞が発生しやすいといったことから交通事故が多発しやすい。交通事故としては軽度の接触事故がほとんどで出会い頭の事故といったイメージが強い。交通量が多く走行速度を目測し誤りやすいので事故につながっていることが多い。この付近を通行する際は少しスピードを落として走行すると良いでしょう。

 

ワースト3位は月の輪1丁目の交差点。月の輪自動車教習所やセブンイレブンの間の交差点である。国道1号線が横断していることから常に渋滞が起こりやすい場所である。バイク事故の多い交差点である。比較的軽い人身傷害が多く、国道1号線(瀬田から南草津に向かって走行する車)が左折しようとした際に後方のバイクや自転車を認識不足で巻き込んでしまうケースが多い。この交差点を曲がる際には少し早めから方向指示器で自分がどちら側に行きたいのか後方のバイク・自転車に意思を伝えることで巻き込み事故は減少するものと思われる。

 

ワースト4位は宮司橋の交差点。橋の欄干がある四差路交差点である。大型量販店があることから道が慢性的に混雑しやすい。軽度な人身傷害が多いが重体になるような事故も起こっている。歩行者が渋滞の合間を縫って横断しようとするため事故が起きやすい。しっかりと安全確認をする必要がある。

 

同じくワースト4位は戸賀町西交差点。四差路交差点で慢性的に渋滞が起こりやすい。また、自転車の交通量が多いことも事故の原因として考えられる。幸い軽傷の事故が多いが自動車左折時は後方を走行しているバイクや自転車の存在を確認しておく必要がある。

 

同じくワースト4位は松本1丁目の交差点から北に50mの交差点。交通量の多い交差点である。歩行者や自転車の存在を見落としてしまい事故を起こすことが多い。歩行者や自転車の確認を徹底する必要がある。

 

以上が平成24年度の滋賀県において交通事故が起こりやすい交差点でした。やはり、地形の関係などから起こりやすい交通事故は限定されてくる(類似してくる)ものと考えられるので、各交差点の起こりやすい事故と注意するポイントを抑えておくと事故に遭う確率を減らすことができると思います。上記の場所を通る際にはくれぐれもご注意くださいね。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円