MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 高齢者(65歳以上)の方が交通事故に遭わないために

高齢者(65歳以上)の方が交通事故に遭わないために

2014.07.12 | Category: 交通事故・むち打ち治療

高齢者が交通事故により死亡する割合は全体の過半数を超えるという非常に高い割合です。どのようにすれば65歳以上の高齢者の方が交通事故に巻き込まれるのを防ぐことができるのかお伝えさせて頂きます。まず、老化による身体の変化を自覚するところから始まります。今までと同じようには少しずつですが身体が動かなくなってきているという事を認識しましょう。いつも通っている道でも油断は禁物です。絶対に交通ルール例えば、横断歩道以外は渡らない、信号無視はしないなどを順守して下さいね。また、確実に運動能力や判断能力は低下していきますので変化をしっかりとご自覚して頂きゆとりを持って行動をして下さい。例えば今まで横断歩道を5秒で渡れていたのが今なら10秒必要になるかもしれません。青信号が点滅し始めてからの無理な横断はやめて次の青信号を余裕を持って渡るようにして下さい。また、道路横断中は何度も左右を確認することのよって周囲の状況を素早く知ることができます。安全確認をすることにより早めの危険察知を心がけましょう。

 

自動車を運転するドライバーとしては高齢者の方が歩行速度がゆっくりである、車両のスピードや距離を誤認しやすいなどの特徴があることを理解した上で、高齢者を見かけたらスピードを減速させたり一旦停止するなど高齢者の動きに配慮した優しい運転・対応を心がけていきましょう。

 

高齢者・ドライバーともにお互いがお互いの事を思いやることで交通事故を減少させていくことが可能になります。自己中心的な考え方や行動ではいつまでたっても交通事故の悲惨な死亡事故を減らしていくことはできません。65歳以上の高齢者の方は自動車を運転しているドライバーのことを考えて早めに道路を横断したほうがいいのか、余裕を持って先に車を通過させるのかを判断してください。また、乗用車のドライバーは高齢者を焦らさず減速したりこちらが気づいているよ安心してゆっくり渡ってね~ということをアピールし安心するような優しい運転を心がけてくださいね。

 

一人の意識では交通事故の悲惨な残念ながら変わることがありません。しかし、多くの方が自分のことだけではなく他人を配慮するという同じような意識を持つことで現状は変えられるのだと思います。このページをご覧になられた方が一人でも多く交通マナーを守ってみんなが楽しく過ごせる社会を作って行ってていただけると幸いです。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円