MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 原付バイクの方は要注意

原付バイクの方は要注意

2014.07.11 | Category: 交通事故・むち打ち治療

乗用車よりも小回りが効いて、自転車よりもスピードが出る便利な乗り物がバイクです。大型のバイク・単車に乗られる方は別として気をつけて頂きたいのが通勤や通学で使われている原付バイクにお乗りの方です。しっかりと保険に入られていますか?ある調査で排気量50cc以下のバイク(原付バイク)の無保険車率はなんと全体の2割以上あるということが国土交通省補償制度参事官室への取材で明らかになったとあります。50cc以下のバイクの登録数は国ではなく各市町村管理のため(ナンバープレートを見ていただくと市町名になっていると思います)なかなか調べられることはありませんが総務省の協力のもと自賠責保険加入者数や無保険車の割合を割り出したそうです。

 

原付バイクは税金が安いこともあり乗らなくても不動車として自宅の倉庫などにナンバープレートをつけたまま眠っていることが非常に多いです。この調査より実に5台に1台が無保険車の可能性があるということです。(実際には不動車の存在もありますのでもう少し割合は低いかと思いますが)このような原付バイク(この他にも51cc以上250cc以下の原付2種・自動二輪)と呼ばれる少し大きめのバイクでも車検という制度がない分、自賠責保険に加入するという習慣がないのだと思います。

 

自動車の場合、車検を受けようと思ったら税金・自賠責保険をしっかりと収めていないと受けられないというシステムになっているのです。原付バイクにお乗りの自賠責保険を未加入の方は強制的に払う仕組みがないので忘れているといったケースが多いのだと思います。

 

簡単にバイク販売店・自転車屋さんなどで手続きできますし、費用もそれほど掛からないのでぜひ、加入してください。また、自賠責保険は加入していると安心しておられる方もおられると思いますが、自賠責保険の枠では補償しきれない事故も多いです。(自賠責保険は人身傷害の補償が上限120万円ですし、物損はおりません)

 

原付バイクが時速20kmで歩行者や自転車と衝突しても相手を死亡・重度障害を与える危険性は非常に高いです。ましてや被害者が小さなお子さんや高齢者なら尚更です。

 

自転車と歩行者の事故でも何千万の賠償命令が出ていますので、バイクで通勤・通学など乗る機会が多い方は任意保険にしっかりと加入しておくことをオススメいたします。バイクは車と違ってタイヤが2つと非常に不安定な乗り物です。その分マンホールで滑ったり、カーブで転倒しやすいです。

 

バイクの長所と短所をしっかりと理解した上で安全にお乗りください。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円