MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > ピストバイクについて

ピストバイクについて

2014.07.11 | Category: 交通事故・むち打ち治療

最近話題となっているのがおしゃれな自転車、ピストバイクです。ピストバイクとは競輪などに代表される自転車競技用の専用の自転車です。ピストバイクは競技専門の自転車なので制動装置(ブレーキ)が付いていません。部品が少なくシンプルでカッコイイと人気の自転車です。(個人的にはスタンドも付いていないので不便にも思いますが)

 

また、保安部品と呼ばれる(ブレーキや前照灯)もついていませんのでこのような状態で道路を走行すれば道路交通法違反(制動装置不良)として5万円以下の罰金が課されることとなります。単にカッコイイから、おしゃれだから、流行っているからなどの理由でブレーキのついていないピストバイクになることで取り返しのつかない事故を起こしてしまい他人に迷惑をかけることは許されることではありません。おしゃれや流行以前に安全性・他人に迷惑をかけるかもしれないリスクも考慮しておきましょう。

 

また、このような自転車ではTSマークシールは貼ることができません。

 

TSマークとは、自動車安全整備士が点検した普通自転車に貼られるシールのことで、自転車事故における傷害保険と賠償責任保険がついてきます。保険の有効期限は点検日から1年間です。

 

傷害保険はTSマーク付帯の自転車に乗車している人が交通事故にあった場合、180日以内に入院・死亡または重度の障害を負った場合は入院なら(15日以上で)1日1万円~10万円、死亡もしくは重度障害の場合は30~100万円まで補償されます。

 

また、賠償責任保険は自転車搭乗者が第三者に事故を負わせ、死亡または重度障害を負わせた場合1000万~2000万まで補償されます

 

TSマークは全国の自転車安全整備店で取り扱っています。もちろんですが、自転車の点検は有料になります。点検後に保険加入書が渡されますので有効期限が切れるまで1年間は大切に保管しておいてくださいね。

 

自転車は大変便利な道具ですがスピードが出すぎると他人を死亡事故や重度障害を招く危険性があるということを改めて認識していただけると幸いです。ブレーキがないと無いうことはあっ衝突しそうだと思っても急には止まれないということなのです。

 

最近ではピストバイクに乗ったお笑い芸人が道路交通法違反容疑で書類送検され執行猶予処分となりました。執行猶予では前科は残りませんがその後何らかの犯罪をお越した場合は起訴処分になることもあります。

 

最近は大阪や東京で罰金刑や赤切符を切られています。知らなくて乗っていても同様の処分になりますのでお気を付けください。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円