MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 過失割合が10割になるケース

過失割合が10割になるケース

2014.07.10 | Category: 交通事故・むち打ち治療

不幸にも交通事故に巻き込まれてしまった場合、自分は制限速度や道路交通法を守っていたのに…何で過失が発生するのと思われる方も少なくはないでしょう。そこでどのような交通事故ならは過失割合が0、10対0の事故になるのか代表的なケースを挙げさせていただきます。

 

過失割合が10:0になるケースの代表例は

・追突事故(後ろから当たったほうが悪いです。)

・自動車どうしの信号無視により発生した事故(赤信号を無視した方に責任があります。)

・センターラインをオーバーして対向車と衝突した場合(センターラインをはみ出した方に責任があります。

・停車中にぶつかられた

などなど、状況に応じて10:0から9:1などに変更されることがありますが、それは保険会社さん同士の話し合いで決まることが多いです。

 

気をつけて頂きたいのがセンターラインをオーバーして対向車とぶつかった場合です。なぜならこれはあなたに最も起こり得る可能性が高いからです。

 

例えば、片道1車線の道路を走っているとします。真ん中には黄色い線でセンターラインが引かれています。この状況で左から信号無視や不注意で車やバイクが突っ込んで来たとします。あなたはそれに気が付き回避しようとセンターラインをはみ出したところ前方から来る対向車に衝突したとします。さて、誰に非があるでしょうか?

 

残念ながら回避しようとしてセンターラインをはみ出したとしてもセンターラインをはみ出した運転者の責任を取られる可能性が高いです。左から来たクルマはぶつからず逃げていく事も考えられます。そうするとあなたがただ単純にセンターラインをはみ出した危険な運転をした過失10割の事故だと捉えられる可能性があるということです。

 

左から来る車をよけずにぶつかれとは決して言いませんが、センターラインを超えてしまうというのは例え避けるための正当性を主張しても認められない可能性があることを知っておいて欲しかったのです。

 

しかし、非接触の事故でも2011年5月に大阪でタンクローリー車が歩行者に突っ込み死亡させるという痛ましいニュースがありました。原因は自転車が誘発した事故で自転車を運転していた方は2年間の実刑が下されたという判例があります。

もしもの為に車載カメラで事故の瞬間の様子を捉えておけばあなたが非接触の事故に巻き込まれたことを証明できる可能性は高くなります。最近では、「スマホ」を固定することで車載カメラの代わりになるアプリが保険会社さんのが開発しているものがあります。

 

ドライブレコーダーをご検討の方は無料で使えるアプリなので是非1度お試しくださいね。

 

アプリ名

Safty Sight  損保ジャパンと日本興亜損害保険会社共同で開発のアプリです。(現在では二つは合併をして損害保険ジャパン日本興亜株式会社という長い名前になっていますが…)

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円