MENU ACCESS TEL

交通事故の示談

2014.07.09 | Category: 交通事故・むち打ち治療

示談とは、辞書によると話し合いで決めること。特に民事上の紛争を裁判によらずに当事者のあいだで解決すること。≒和解とあります。交通事故の示談の場合、当事者同士とは被害者と加害者になります。被害者の補償を加害者側の任意保険会社が代行して行うことが多いので被害者と相手方の保険会社になることがほとんどです。

 

示談とは全てが終了、解決したことを指します。つまり、示談後に首の痛みや車の傷が見つかったからといっても示談後は全ての事柄において一切保証されません。首の痛みであれば自費で病院に行ったり、車の修理も自己負担で行わなければいけないのです。ですので、示談は慎重に行わなければいけません。車の不調ももちろんですが、身体のことに関しては一生の問題となりかねないのです。早く示談するように相手方の勧められたからといっても慎重に判断する必要があります。身体の事や納得がいかない事があるのならば交通事故を得意とされている専門の弁護士さんや行政書士さんにご相談された後に署名をしても全く遅くはありません。後で、後悔しないためにも慎重に行動されることをおすすめします。

 

示談でもっと気を付けていただきたいケースがあります。それは、加害者が事故直後に警察に電話をするのを嫌がってお金(示談金)を多めに払うからといってその場で示談を済ませようとするパターンです。被害者さんからすると車の修理代さえ貰えればいいか…、少し多めに言ってくれているから…といかにもメリット・魅力を感じてハイと行ってしまいそうになるのですが、ちょっとだけ冷静になって考えてください。なぜ、相手はパッと示談で解決させようとしているのか?飲酒運転がバレるのを恐れている?交通違反が重なって免許証の点数が少なく免停や免許取り消しになりそうなのか?いずれの場合にしてもその場で示談で済ませるメリットは1つもありません。それどころか後から痛みが出てきた場合、補償してくれないだけではなく本当に支払ってくれるのかも不明です。もしかしたら悪質な加害者の場合、証人がいなければすっとぼけたり、交通事故の責任を被害者のせいにすることも考えられるのです。必ず自分の身を守るためにも警察に連絡と交通事故の直後はどんなに平気でも一応は病院に行きレントゲン・MRIなどの検査を受けておきましょう。

 

あなたが交通事故のことで泣き寝入りしない為にも、相手の事を思うと感情的に可愛そうであっても絶対に交通事故にあったらまずは、警察に連絡してくださいね。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円