MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 交通事故証明書とは?

交通事故証明書とは?

2014.07.09 | Category: 交通事故・むち打ち治療

交通事故に遭うと必ず必要になる書類のひとつに【交通事故証明書】というものがあります。交通事故にあった際には必ずと言っていいほど必要になる書類ですのでどこで入手できるのかや何が書かれているのかを知っておくと安心できると思います。

 

交通事故証明書とは警察に届出をすることによってちゃんと交通事故があったことを証明する書類になります。ですから、交通事故が発生した時に物損だけだからと警察を呼ばなかったら交通事故証明書は発行することが出来ません。

 

交通事故にあったらまずは110番に電話するというのはこのような理由もあります。(そもそも、事故があった場合警察に報告するのは運転者の義務ですが)

しかし、中には免許の点数がなくなるから示談で済ましたいと相手がいってくる場合もあります。しかし、警察は示談には介入しないので事故直後は警察を呼んで届出をしておく方が絶対に良いと思います。

 

交通事故を届けるには基本的に双方の合意が必要になり当事者双方で届け出ないと受理されません。つまり事故直後にやっておかないとあとあと余計にめんどくさくなってしまうということです。

 

任意保険を使う場合は加害者請求であっても被害者請求であってもこの交通事故証明書が必要となります。しかし、物損事故の場合は、警察への届出がなくても【事故証明書提出不能理由書】というのがあれば、任意保険が使える場合も多いようです。そして、この書類さえも不要で保険が使える場合もあるようです。詳しくはご自身がご加入されている任意保険会社のご担当者さんに聞いていただくのが一番だと思います。

 

交通事故証明書の入手ですが任意保険会社が代行してやってくれることがほとんどですので自分自身で取りに行くということは少ないです。交通事故証明書は自動車安全運転センターで発行していただけます。滋賀県で言いますと守山市浜町2294(滋賀県警察本部運転免許センター内)にあります。大津市から取りに行かれると片道30分以上掛かります。

他にも警察署・交番・駐在所・損害保険会社にある申請書を手数料を添えて郵送することで入手できます。申請後は10日~2週間で発行されます。

 

申請の期限としては

・人身事故は事故発生から5年

・物損事故は事故発生から2年

が経過すると発行できなくなります。

 

 

この交通事故証明書の内容先ほどお書きさせて頂いた通り、あくまで【事故が発生したことの証明】です。事故の原因・損傷の程度・過失の有無を決定するものでは無いので事故の相手がなんと言おうと警察を呼んで事故証明書を作成してもらうのが一番です。過失割合に関しましては後日お互いの任意保険会社さん通しの話し合いまたは示談などで決まることが多いです。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円