MENU ACCESS TEL

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち治療 > 交通事故の加害者請求について

交通事故の加害者請求について

2014.07.09 | Category: 交通事故・むち打ち治療

交通事故を起こしてしまい自分自身に追突事故やよそ見運転・不注意などの過失がある場合は交通事故の被害者に対して物損や人身傷害の保証をしなければいけません。

 

自賠責保険は強制保険と呼ばれ自動車・原動機付自転車を所有している人と運転する人は絶対に加入しておかなければいけません。

 

それに対し、任意保険は個人の意思で加入する保険、つまり自賠責保険ではまかなえない分の保証をする保険ですので入る・入らないは個人の自由になります。しかし、任意保険の加入はおすすめしています。

 

任意保険に入っている場合ならば仮に交通事故を引き起こしたとしても任意保険の担当者さんがあなたに代わって被害者さんとの交渉や自賠責保険の請求を行ってくれるからです。もし、自賠責保険にしか入っていなければご自身で自賠責保険の加害者請求をしなければならず、非常に手間もかかるし面倒です。ほとんどの方が何かしらの任意保険に加入されているので実際のとこと直接、被害者請求をされる例というのは少ないです。

 

具体的に【加害者請求】とは、自身の過失により怪我をさせてしまった被害者さんの治療費をまずはご自身のお金で立て替え、その後その金額を自分自身の自賠責保険に請求するというのが加害者請求になります。つまり、一時的にお財布から相手の治療費がドンドン出て行くのですがそれを全て建て替えなければならないという事です。

 

しかも、自賠責保険の補償の枠は1事故につき上限120万円までと決まっていますのでそれを超えるような事故(臓器の損傷で入院や骨折などの重篤な怪我)の場合は120万円以降掛かる負担は全て事故を起こした加害者様のご負担となります。

 

任意保険は入る保険の種類にもよりますが対人・対物も無制限で補償してくれるものもあるので是非、加入されることをおすすめしております。

 

また、自賠責法は被害者救済のための法律ですので、怪我や死亡事故に対しては保証されますが自動車の破損などの物損事故には賠償金が支払われることはございませんのでご注意ください。

 

世の中に絶対ということはありませんので「転ばぬ先の杖」ならぬ「交通事故の前に任意保険を」とウィル鍼灸整骨院はおすすめしております。

 

ウィル鍼灸整骨院ではこのように交通事故に関する知識が他の治療院に比べて豊富です。ウィル鍼灸整骨院では対応できないような難しいケースでも提携していただいている弁護士さんや行政書士さんをご紹介させていただくことができます。(ほとんどのケースは当院でお答えさせていただけるとは思いますが)交通事故・むち打ち症に遭われた・事故を起こしてしまったという方はお気軽にご相談くださいね。

当院へのアクセス情報

        
所在地〒520-2143 滋賀県大津市萱野浦24-50 ティアラ大津F-1
駐車場27台あり
予約予約優先制となっております。
電話番号077-543-1135
休診日日曜・祝日
費用交通事故治療は0円